歯の矯正を行う理由

歯の矯正治療では、歯列をまっすぐにするだけでなく、歯が前にでていたり、奥に引っ込んでいたり、顎のサイズや形などとあいまって、口元にコンプレックスがある人にも好評です。

歯科矯正を行う理由は、上顎前突や下顎前突があります。

上顎前突はいわゆる出っ歯、下顎前突は受け口と言われるものです。

それ以外にはかみ合わせが悪い開咬や不正咬合、乱杭歯などが原因といいます。

矯正を薦められる子どもは多く、なんらかの問題を抱えている子どもは少なくないといいます。

歯の矯正では、歯を動かして隙間にきれいにまっすぐに入れながら、歯列を整えるのですが、歯は周りの歯槽骨の間にある歯根膜線維という部分を少しずつ圧迫させて、徐々に動かしていきます。

矯正中は歯が動いているので、ぐらぐらしてくる感じがあったりして、ちょっと怖い気持ちになることもありますが、数か月くらいでぐらぐらも収まるので、気にすることはないでしょう。

矯正をする際は担当の医師から説明をきちんと受けること、そして出来ればその前に自分でも情報を収集しておくとよりスムーズにいろんなことが判断できるようになると思います。

情報サイトをご紹介しておきますのでよろしければご覧ください。
御殿場の風俗概論